特集コラム

2017.06.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デリヘルの自宅利用時には盗撮に注意!

初心者
レンズ

デリヘル店で働いていると、デリヘル店によってはお客さんの自宅も派遣先としてOKとなっている場合もあります。お客さんの部屋が汚い場合があったりで、自宅派遣だと聞くとゲンナリする…という具合に、デリヘル嬢からは嫌われている自宅派遣ですが、実はお客さんの部屋が汚いかもしれないという欠点よりも、もっと気にするべき注意点があるのです。 それは、「盗撮されているかもしれない」という可能性について。 デリヘル嬢とのプレイが盗撮される場合、自宅にて盗撮される可能性はホテルでのプレイ時よりも高い、とも言われています。

どうして自宅派遣だと盗撮される可能性が高くなるのか

自宅派遣だと盗撮される可能性は高くなります。なぜならば、ホテルにはホテルの備品とお客さんのちょっとした荷物、そしてデリヘル嬢の荷物以外のものがないのに対し、お客さんの自宅には日常生活に使われている様々な物品が散乱しているからです。様々なものに紛れて盗撮用のカメラを予め仕込んでおくことは難しいことではありませんし、気付かれにくいためデリヘル嬢に疑われる可能性も下がります。 また、ホテルとは違ってお客さん自身の家なのであれば、予め盗撮用カメラを準備し、部屋の中に仕込んだり隠したりという時間が充分に取れますので、より巧妙な手口で盗撮用のカメラを設置することができます。

盗撮された映像は何に使われるのか

万が一お客さんとのプレイ動画を盗撮されてしまった場合、一体なにに使われるのでしょうか? お客さんの個人的なコレクションになってしまうのも腹立たしいものですが、それだけならまだしも、そこからインターネットに流出してしまう可能性もゼロではありません。 例えば、編集を加えられて販売目的・アクセス増加目的で勝手にネットにアップロードされてしまう可能性も考えられますし、逆にそのお客さんが動画データを保管していたPCがハッキングされ、情報を抜かれて、第三者によりインターネットに流されてしまうという可能性もあります。 何にせよ、盗撮されてしまったデリヘル嬢は、一端動画がインターネットに流出してしまうと、その全てをインターネット上から消去するのは不可能に近くなってしまいます。 そんな恐ろしい事態を避けるためにも、デリヘル嬢は常に盗撮されるかもしれないと警戒しながらお仕事をする必要があります。

どんな方法で盗撮されるの?

盗撮される方法は様々ですが、ハリの穴程度の小さな穴からピンホールカメラで撮影されている場合のように、巧妙に隠されている場合から、普通のビデオカメラが雑に隠されている場合、起動したままのPCのカメラで撮影されてしまっている場合等、様々です。 お客さんの家に行ったら、まずベッドが見える位置に不自然な角度で何かが置かれていないかざっと確認しましょう。PCがベッドの方向を向いている場合は、PCの前に荷物を置いてしまう等して、一応PCからの視界を遮ってしまいましょう。 無線式の盗撮機であれば、盗撮探査のためのキーホルダー型の機械が販売されていますので、どうしても心配と言う場合はそういったものをコッソリ使ってみるのも手です。 しかし、あまりにもあからさまに使ってしまうと、お客さんを不快な気分にさせてしまいますので、あくまでも気付かれないようにコッソリ使う、コッソリ確認する等に留めておきましょう。 素人が盗撮用のカメラを探すのはなかなか大変かもしれませんが、しかし被害にあってしまっては泣き寝入りするしかない場合が多いのも事実です。少しでも被害に遭う確立を自分から遠ざけるためにも、盗撮用のカメラの探し方を指南したwebサイト等はたくさんありますので、そういったものに目を通し、自分の身は自分で守れるように知識を身につけておくようにしましょう。

一緒に読まれている記事

お店でのネイル
風俗でネイルはNG!衛生面のマナーを知っておこう
かび
風俗嬢が梅雨の時期にカビたものを食べてお腹を壊さないために
カジュアルソープ
広島で大流行?カジュアルソープってなに?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る