特集コラム

2017.07.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デリヘルで怖い目にあったら、どうしたら良いの?

初心者
デリヘルで怖い目にあったら、どうしたら良いの?
自分のペースで働けて、高給が稼げるデリヘルは、とても人気のある風俗業種です。ソープのように本番必須なわけではない場合が多いので(中には本番推奨をしているブラックなデリヘルや、基盤・円盤をしてしまっているデリヘル嬢もいますが)、性病を気にしている風俗嬢や本番は絶対にしたくないと考えている風俗嬢からも人気です。しかし、唯一の欠点は、ホテルでお客さんと二人きりになってしまうこと。箱物風俗であれば、すぐ部屋の外には男性スタッフが待機しており、他の風俗嬢たちもいるので何かあったとしても安心して働けますが、ホテルやお客さんの部屋に派遣されていくデリヘルだと、何かあってもすぐにお店の人を呼ぶことができないため、デリヘル嬢が怖い思いをする場合もあるようです。

デリヘルだと、変なお客さんを止められない

デリヘルでまず困るのが、受付時に変なお客さんの利用を止められる可能性が低くなる、という点です。もちろん、デリヘル店側は過去のNG客等の電話番号やメールアドレスは控えていますので、それと照らし合わせてNG客が電話やメールで予約をしてきてもそこではねることは可能ですが、しかし問題なのは電話番号やメールアドレスを変えて、別の人物を装ってNG客が連絡してくる場合や、一見さんで変なお客さんが来た場合に、電話やメールだけではお客さんを止められない、という点。対面式で受付をする箱物風俗であれば、受付で様子のおかしいお客さんを確認してNGにすることは可能ですが、デリヘル店だとなかなかそれができませんので、デリヘル嬢が実際にホテルまで出向いて部屋に入ったら、とんでもなく不潔な男性が待ち構えていたり、明らかに様子がおかしい男性がいたり…というトラブルも少なくはありません。もちろん、ホテルに行って様子がおかしい男性がお客さんだった場合、風俗嬢の方からNGを出すことは可能ですので、あまりにも変だな、危ないな、と思ったら、部屋に入らずに帰ってくるようにしましょう。

プレイがスタートしてもNGにすることも可能

「はじめまして~」と挨拶する時点で相手がおかしなお客さんだと気付かなくても、プレイをし始めてから気付いてしまう場合もありますよね。そういった場合で、あまりにも身の危険を感じた場合は、プレイの途中でもNGを出して帰ってきてしまうことは可能です。しかしその場合、料金を返せと迫られる場合もありますので注意して下さい。明らかにお客さんが悪い場合は、返す必要はありません。トラブルになりそうであれば、すぐにお店に連絡をしてその旨を伝えましょう。プレイがスタートしてしまったので、最後まで我慢するしかない…と考えずに、まずは身の安全を第一に考えて行動するようにしてください。何かあってからでは遅いのです。

すぐにお店に電話を入れるのをお忘れなく!

何かあった場合、デリヘル等の出張型風俗で働いている場合は、とにかくすぐにお店に連絡を入れる癖をつけましょう。お店に電話することにより、お店のスタッフがきて助けてくれますし、お客さんも男性スタッフがやって来る、と思い出して我に返ることもあります。レイプされそうになった、レイプされてしまったと言う場合も、必ずすぐにお店のスタッフを呼んでください。泣き寝入りは絶対にしないように! また、明らかに危険そうなお客さんと部屋に二人きりになってしまった場合、オートロックのホテルは危険です。中には、フロントに電話をしないと中からも鍵が開かないようなホテルもあるようですので、そういったホテルはNGにするなどして注意しましょう。オートロックのホテルだと、何かあったときにすばやく外に出れなくなってしまうこともありますので、できれば避けるようにしたほうが良いかもしれません。

一緒に読まれている記事

会話
風俗嬢が男性を虜にする受け答え術
風俗嬢の準備
風俗嬢がしておくべき「接客の準備」
放課後も稼げるデリヘルバイト
学生も大歓迎!放課後もラクラク稼げるファッションヘルス

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る