特集コラム

2017.08.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんが多い都内…だから稼げるとは限らない!?

稼げる
稼げる

一般的に、風俗にやってくるお客さんは、痴呆よりも都心の方が多いと言われています。中でもやはり東京は人口が多いのに比例して、風俗客の数は別格で、地方の風俗利用客数と比べると何倍にも上ることも。しかし、その分風俗店側が払わなければならない賃貸料や風俗嬢へのバックの金額、スタッフへの給与なども多くなります。そうは言っても、やはり風俗店側にしろ風俗嬢側にしろ「東京は稼げる」というのが共通認識としてあるようですが、実際には全部が全部そのパターンには当てはまらない、という場合もあります。

東京はお客さんも多いが競合他社もライバル嬢も多い!

お客さんの数は、実際に東京は非常に多いです。しかし、その一方で風俗店舗の数もとんでもなく多いです。都内のソープ街以外の有名風俗街…鶯谷、大塚、五反田などでは、新しい風俗店ができては消え、またできては消え…というのを繰り返しています。特にデリヘル等の出張型風俗は店舗型風俗と比較すると新店舗開店がしやすいこともあり、入れ替わりは非常に早いものです。 それは、働いている風俗嬢にも同じことが言えます。ちょっと若くて可愛いコがお店に入ったとしても、最初は新人食いの趣味があるお客さんが群がってきたり、新人割引等が適用されることもあって風俗遊びにあまりお金を掛けたくない風俗ファンがたくさんやってきますが、あまり売れるポイントがないとすぐに飽きられてしまい、また別の新人風俗嬢お客さんをすぐに取られてしまいます。そのため、新人期間が過ぎて売れなくなってきたら、また別店舗に移動して新人になりお客さんを漁るといった方法で稼ごうとする風俗嬢までいるほどです。 もちろん、お客さんの数は多いですので、極端な地方の風俗店と比較すると稼ぎ難いということはありませんが、しかし数多く働いている風俗嬢の中に埋もれがちになってしまう、というマイナスポイントもあります。 また、都内の女のコはやはり垢抜けていて、レベルが高い女のコが多いもの。そのため、ちょっと可愛いぐらいの女のコでは、やはり埋もれがちになってしまうのです。都内で売れっ子になるためには、そのようなたくさんのライバルたちを押しのけてお客さんを惹き付けられるだけの何かしらの魅力がないとなかなか難しいのかもしれません。 また、地方に比べれば金額的には稼げていたとしても、都内に暮らしていると様々な点において出費はかさむもの。家賃、食費、遊行費…等々、どうしてもモノや情報に溢れている都会の生活ではお金が必要となってきます。稼いでも稼いでも全くお金がたまらない、ということにもなりやすいのです。

都内からちょっと外れたほうがもっと稼げる場合もある

東京の場合であれば、特に「都内は一番稼げる」という思い込みを捨てて、別の風俗街で働いてみるのも良いかもしれません。 例えば、埼玉、川崎、横浜などの有名風俗街で働いてみたら、家賃などの出費は下がってお客さんは増え、稼ぎが都内で働くよりも毎月10万近く増えた、という話を耳にすることも。 都内では稼げなかった女のコが地方に行って稼げるということは、珍しい話ではありません。都内のお店のサービスや接客方法で教育された女のコは、地方に行って「サービスが良い」「教育がしっかりされている」と人気が出ることも。 都内でなかなか稼げない、という風俗嬢は、様々な地方に出稼ぎ風俗に行って、様子を見てみるのもアリかもしれませんね。

一緒に読まれている記事

老人
腹上死が怖い…ご長寿風俗客への対処法
腕
腕にブツブツが急にできた!これって性病?
ホテヘル掛け持ち
掛け持ちで稼ぐなら広島ホテヘルで決まり!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る