特集コラム

2017.05.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太りたくない風俗嬢は、待機所での“お菓子習慣”を見直そう

女子力
お菓子

待機所でお茶を挽いてしまっている間、ストレスや暇つぶしのためについついお菓子を食べ過ぎてしまう風俗嬢は、自分の体重をきちんと把握していますか?
しばらく体重計に乗っていなかったけど、我に返って久々に体重を量ってみたら、いつの間にか5kgも増えていた!なんて顔面蒼白になっている風俗嬢もいるのではないでしょうか。
その原因の一つとして、待機所でのお菓子のながら食いが挙げられるかもしれません。お菓子は高カロリーかつ、糖質が非常に高い場合が多いですし、待機所での暇つぶしのために食べるお菓子は、ついついお腹もすいていないのに、ダラダラとながら食いしてしまうという場合が多いのも問題です。暇を潰す=お菓子を食べる、という悪習慣から、まずは脱却する必要があるかもしれません。

待機所でお菓子を食べ過ぎてしまう理由

待機所お菓子を食べ過ぎてしまう理由の一つとして「他にすることがないから」というものが挙げられます。集団待機の場合は特に、テレビを見て他の風俗嬢とお喋りしたりしながら、延々とお菓子を食べ続ける…なんていう毎日を送っている風俗嬢もいるでしょう。
集団待機・個室待機が選べる風俗店で働いているのであれば、できることなら個室待機を選び、一人でできる趣味に没頭した方が良いでしょう。読書やスマホゲーム、編み物、勉強でも構いませんが、何か趣味に没頭していれば、ながら食いから距離を置くことも可能です。
また、「お菓子が手元にあるから食べてしまう」という風俗嬢もいるでしょう。そのような場合は、最初からお菓子は買わないようにしましょう。お菓子を常に持ち歩いていなければ、食べたくなってもすぐには食べられません。その都度コンビニやスーパーにお菓子を買いに行かなければなりませんので、面倒臭くなってお菓子を食べる量を減らすことができます。常にお菓子に囲まれている状況を作り出さないように努力することも、ダイエットの秘訣です。 個室待機ができずに集団待機しかできない風俗店の場合は、周囲の風俗嬢お菓子を食べていると、それを横目に食べるのを我慢するのはなかなか大変です。その場合は、なるべくカロリーが少なくながら食いできるような食品をお菓子の代わりに食べる、という手もあります。枝豆や果物、野菜スティック、おしゃぶり昆布等、いくら食べてもカロリー量の少ないものを選んで持ち歩くようにして、どうしても食べたくなったらそれを食べるようにしましょう。

食事をしっかり食べる!

待機所にておやつを一杯食べてしまうもう一つの理由として、食事の際にしっかりと食べていないので、おやつを食べてしまう、という場合もあります。「私、食が細いから」と言って食事の量が少ない割に、おやつお菓子をむさぼり食べているような人も中にはいますが、いくら食事を減らしてもおやつを大量に食べていたら、そちらの方が不健康的ですし、太る原因となります。
食事は、野菜やたんぱく質を中心とした健康的な食事を心掛け、お腹一杯たべるようにした方が、人によっては良いのかもしれません。

お茶を挽かないようにする

待機所にてお菓子を延々と食べてしまうのは、とどのつまりはお茶を挽いてしまうからであり、もし風俗嬢がお茶を挽かなければ待機所で待機することはありません。常に予約で埋まっている人気嬢は待機所にいる時間はかなり短くなるでしょうし、中には食事をする時間すら取らせてもらえない、と愚痴をこぼすランカー嬢もいるくらいです。お菓子を食べない努力というよりも、マネトラで探した風俗店でで人気嬢になる努力をして、一人でも多くの常連客を持つようになれば、自然とお菓子を食べる量も減らせますし、減量にも繋がるのではないでしょうか。

一緒に読まれている記事

好かれる話し方
周りと差を付けよう!風俗店でお客さんに好かれる話し方
ばれない風俗
必見!バレないで風俗で稼ぐ方法
キスが下手なお客さん
キスが下手なお客さんへの接客、どうしたら良い?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る