特集コラム

2017.05.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗嬢が男性を虜にする受け答え術

女子力
会話

「聞き上手はモテる」とはよく言われることですが、特に水商売や風俗のお仕事をしている場合は、お客さんの話を上手に聞ける女性は人気が出ます。話し上手である女性は聞き上手であることも多く、相手の会話を引き出すためのトークを得意としている場合も多いです。聞き上手な風俗嬢になることによって、リピーター率がUPし、結果的にランカー入りできるようになるかもしれません!

基本は簡単な受け答え術

そもそもの基本の受け答え術は非常に簡単です。「へえ、そうなんですね~!」「凄い、知らなかった」「なるほど~」など、誰でも言える台詞ばかりです。下手をしたら「へえ」「そうなんだ」「なるほど」の3ワードで会話をある程度持たせることも可能でしょう。しかしそれだけでは、明らかにビジネストークをしている風俗嬢会話になってしまいます。ちょっとでも勘が良いお客さんを相手にした場合、相手に興味がないことはバレバレとなってしまい、逆に白けさせてしまう結果となってしまいますので、もっと相手に興味を持っているように装えるようにしましょう。 例えば「へえ、そうなんですね~」の後に、「◯◯ってどういう意味なんですか?」等の質問を挟んで、いかにも相手の会話に興味を持っています、という姿勢を見せたり「私も◯◯なんですよ~」と、相手の会話と自分とに共通点を見せるようにしたりすると、更に好印象を持たれることは間違いなし! お客さんは、風俗嬢が自分の会話、ひいてはお客さん自身に興味津々であると思うことでしょう。風俗嬢から興味を持たれていると感じたお客さんは、つまり「風俗嬢にモテている」状態となりますので、お客さんの気分を良くすることができます。

相手を否定しない受け答えが大切

お客さんの会話の中で、なんだかこれは賛同できないな…と思ったりすることがあっても、頭ごなしに「私はそうは思いません」と否定するのは絶対にNGです。否定した途端に、お客さんは心を閉ざしてしまうことも多いです。それはプレイ内容に関しても一緒で「嫌だ」「そう思わない」と否定するのではなく、「私は◯◯の方が良いですね」「じゃあ◯◯はどうですか?」などと、ちょっと話を逸らしたり、別のものを引き合いに出したりしてみると良いでしょう。 でも、あまりにもお客さんが強引だったり、風俗嬢を困らせるようなことを言ってくる場合、例えば本強してくる場合などは、はっきりとNGを突き付ける必要がありますので、線引きを見誤らないように注意しましょう。

会話が苦手なお客さんには、話しやすい空気作りを

中には会話するのが苦手だというお客さんもいるでしょう。そういうお客さんの場合は、中にはいくら風俗嬢喋りかけても満足に返事すらしてくれないようなお客さんもいます。そういうときには、あまりしつこく喋らなくても大丈夫。ボディタッチやスキンシップを重点に、どこが気持ち良いか、これで良いかを尋ねてみたり、風俗嬢自身が「なんだかエッチな気持ちになってきちゃった」「抱きしめても良いですか? ぎゅってしたくなっちゃった」等、自分の今の気持ちを表現してみたり(している風に)するのが良いでしょう。

喋り過ぎるのはNG!でも喋らないのもNG

お客さんによっては、風俗嬢のお喋りを無駄なものだと考えている男性もいます。風俗嬢喋り過ぎると、喋って時短しようとしてきているのではないか、と勘ぐったり、損した気持ちになってイライラしたりするお客さんも。そのため、いくら場を盛り上げようとしても、あまり喋り過ぎないように注意してください。かといって全く喋らないのも愛想が悪いものです。プレイの合間、プレイをしながら、タイミグを見計らってプレイの流れを妨げないように注意しながらトークをするのが良いのではないでしょうか。

一緒に読まれている記事

交通費
山口ソープで交通費はもらえるの?
ぽっちゃり専門デリヘル
ぽっちゃり体型が人気!稼げるぽっちゃり専門デリヘル
人妻ヘルス
ちょっとキケンが人気を呼ぶ「人妻ヘルス」

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る