特集コラム

2017.06.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗客と風俗嬢が付き合って上手くいかない・長続きしない理由

雑学
カップル

風俗嬢の中には、出会いがないと嘆いている女性は多いものです。しかし、考えてみれば毎日何人もの男性との擬似恋愛的なサービスをしているわけですので、男性との接点がないわけでも、男性との出会いが少ないというわけでもありません。しかし、風俗嬢の中には、風俗客との恋愛はありえない、上手くいかないと考えている場合が多いのが現状です。 風俗客の中には、風俗嬢に本気にほれ込んでしまい、どうにかして付き合いたい・結婚したいとまで考えている場合も多いようですが、逆のパターンはそこまでないのではないでしょうか。たまにお客さんを好きになってしまい、実際に付き合い始めたのは良いものの、結果的に上手くいかずに別れることに…という話も良く耳にします。 風俗客と風俗嬢がお付き合いして上手くいかない・長続きしない場合というのは、一体何が悪いのでしょうか。

男性側の態度が付き合いだすと豹変する

お客さんとしてお店に来ているときに「優しくて素敵なお客さんだなぁ」と思っていたとしても、実際に付き合い始めたら「あれ…なんだか違う…」となってしまうことは多いようです。その場合、お客さんとして会っているときと、付き合い始めてからの態度があまりにも違い過ぎる、という場合が多いようです。 日本人男性は、一般的に釣った魚にエサをやらないタイプの男性が多いようで、意中の相手が実際に自分の彼女・自分の奥さんになってしまうと、途端に「自分の女」だからといって、雑な扱いをするようになってしまう場合が多いようです。所有欲が一端満たされてしまうと、ありがたみを忘れてしまい、扱いが雑になってしまうのでしょう。 また、扱いが雑になってしまうどころか「風俗嬢だったくせに」「信用できない」と、風俗嬢だった過去を責め始めるような男性もいます。全部承知の上で付き合いだしたはずなのに、実際に付き合うと、風俗嬢だったという過去が許せなくなってしまう…というパターンです。大喧嘩をした際に、男性側のそういったセリフを耳にして、一気に冷めてしまった、というような風俗嬢も。

お金のトラブルが破局を招く場合

金銭的なトラブルが、二人の破局を招く場合もあります。例えば、付き合う前は献身的で誠実だった男性が、付き合い始めた途端、風俗嬢にお金の無心を始めたり、ヒモ状態になってしまう、ということも少なくないようです。そうなってしまうと、二人の関係がうまくいくはずがありません。 また、お金の豊富にある生活に慣れきってしまっている風俗嬢が、結婚した後などに、普通の金銭感覚に戻ることができず、またコッソリと風俗に出戻りしたり、生活レベルを下げることができずに破局を迎えてしまう…ということもあるようです。 風俗嬢とお客さんというのは、そもそもお金で繋がれた関係からスタートしているという部分もあり、それを金銭的な関係から愛情で繋がれた関係へと変化させていくのは、なかなか難しい部分があるのかもしれません。元・風俗嬢の中には、どうしても男性といる時間をお金で計算してしまう癖がついてしまった、という女性もいます。

風俗客と風俗嬢は最高のカップルにもなれる!?

しかし、風俗嬢と風俗客がお付き合い・結婚してうまくいく場合だってあります。風俗客は、風俗嬢風俗嬢だった過去を隠さずにお付き合いできる相手です。つまり、後ろめたい気持ちで嘘をつきながら付き合い続けるストレスのない相手ということになります。男性側が風俗嬢の過去を許すことができるなら、そして風俗嬢風俗の世界からきっぱり足を洗うことができるのであれば、風俗嬢と風俗客は最高のカップルになれる可能性も秘めているのではないでしょうか。

一緒に読まれている記事

タトゥー
風俗の“地雷店”って稼げるの?
不定期出勤
ファッションヘルスは不定期出勤でも大丈夫?
お客さんへのNGワード
風俗店でお客さんに言ってはいけないNGワードとは?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る