特集コラム

2017.07.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の時期にも体がバテる「梅雨バテ」にご注意

健康
体調不良

春夏秋冬、一生懸命お仕事に励む風俗嬢の中には、不規則な生活や忙しさのために体がバテやすいという女性も多いのではないでしょうか。まだ夏バテにはだいぶ早い梅雨の時期だというのにも関わらず、既になんだか体が疲れやすい…体調不良になりやすい、という風俗嬢は、もしかしたら「梅雨バテ」になっているのかもしれません。梅雨バテの症状としてあげられるのは、梅雨の時期になると身体がだるくなり、何をしていてもすぐに疲れてしまう、何をするにもやる気が出ない…という、夏バテに近い症状が出るものです。なんとなく、自分自身の性格のだらしなさだと考えて更に落ち込んでしまう風俗嬢も多いでしょうが、梅雨バテにはきちんとした理由があります。それを理解してきちんと梅雨バテ対策を練ることにより、自分を責めることなく正しい予防方法を実践できますよ!

季節の変わり目の不安定な天候が梅雨バテの原因

梅雨の時期は春から夏に季節が移り変わる時期であり、昼夜の寒暖差が大きくなったり、雨が降って急に気温が下がったり、晴れ間になると急に真夏のような暑さになったりといった天候・気温の急展開が続きます。また、湿度が非常に高くなるため、ムシムシとした天候が続きます。湿度が高いと、人間の体にも水分が止まりやすくなり、暑くて汗をかいてもそれが蒸発しにくくなります。汗は、蒸発するときに体温を奪い、体を冷やすことにより体温調整に一役買っているのですが、梅雨の色には汗が蒸発しにくいため、その働きが弱まってしまいます。そのため、身体の熱を放出しにくくなり、更に身体は暑さを感じがちとなります。体温調整がしにくくなると、身体へのダメージは更に大きくなりますので、身体が疲れを感じやすくなり、疲労が溜まった身体が休息を必要とするようになるのです。

梅雨バテをしないために風俗嬢が心がけたいことは?

梅雨バテ対策のポイントは、体温調整にあり!風俗嬢の中には、夕方に出勤し、真夜中〜明け方に帰宅するという生活を送っている嬢も多いでしょうが、日中と夜間の寒暖の激しさは、ただでさえ仕事で疲労が溜まっている風俗嬢の身体に更なるダメージを与えます。出勤時には暑くても、必ず一枚、羽織るものを持参して出勤するようにしましょう。寝るときにも、お風呂上がりで暑いからと薄い布団で寝るのではなく、足元に一枚ブランケットを余計に準備しておくと良いでしょう。 寒暖差が激しいため、風邪をひきやすくなる季節です。体力が落ちて免疫力も落ちているところに、他人からの風邪菌をもらってしまう場合も多いでしょうから、ビタミンやミネラルを食事でしっかりと摂取するようにし、人が多い場所に行く場合にはマスクをして風邪予防しておくと良いのではないでしょうか。 また、日光にあまり当たらないと、これも免疫力の低下に繋がったり、眠りが浅くなってしまったりといった原因となりますので、昼夜逆転してしまっている風俗嬢も、なるべく陽の光を浴びる機会を作るようにすると良いでしょう。曇りの日が続いたとしても、日の光は地表にまで届きますので、外に出たり、カーテンを開けて日光を浴びるようにしてください。そうすることにより、体内時計が調整されます。

クーラーの効きすぎに注意!ドライ機能を使いこなす

梅雨の時期に、蒸し暑いからと冷房を効かせすぎると、体力が余計に奪われてしまうことになりかねません。暑い外とクーラーがガンガンに効いた室内を行き来していると体力を更に奪われますし、身体を冷やすのも体調不良に繋がります。 蒸し暑いなと感じたら、クーラーではなくドライ機能を使い、室内を除湿しましょう。そうすることにより、蒸し暑さを軽減し、クーラーで身体を余計に冷やさずに済みます。

一緒に読まれている記事

縁結びのお守り
出雲大社で運勢向上
風俗嬢が使いやすい日焼け止めって?
ジェル、乳液タイプ、スプレー…風俗嬢が使いやすい日焼け止めって?
口唇ヘルペスは早期治療
お客さんに警戒される原因に…口唇ヘルペスは早期治療しよう!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る