特集コラム

2017.06.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんをストーカー化させない色恋営業とは

女子力
色恋

お客さんの中には、風俗嬢に本気で入れ込んでしまい、しつこく執着した挙句にストーカー化してお店を出禁になったり、酷い場合は犯罪一歩手前の大騒ぎを引き起こして警察沙汰になったりという人もごくまれにですがいるものです。風俗店はお客さんにひと時の恋人気分とエッチな快楽を提供するサービス業ですので、それは本物の恋愛ではないことはお客さん自身も承知しているはずなのですが、しかしいつからか「自分とこの風俗嬢だけは本気」だと勘違いが始まって、ついついのめり込んでしまった、という風俗ファンは少なくありません。自分のこととなると、誰でも冷静に判断ができなくなってしまうものです。更に、風俗嬢の巧みな色恋営業は、男性が例え「これはただの仕事で風俗嬢がそう演じているだけなんだ…」と頭では分かっていても、それえでもどうしても夢中にさせてしまうだけのスキルを持っているものなのです。それはプロの風俗嬢の技、女としてのレベルの高さによるものではありますが、時として危険を招く諸刃の剣にもなってしまいます。

色恋営業でストーカー化するお客さん

風俗嬢は、一人でも多くの常連さん、太客、両客を掴んでおきたいと思うものです。持っている常連さんの数で、風俗嬢の日々の安定収入の平均がいくら程度になるのか決まってきてしまうといっても過言ではないでしょう。しかし、そのためには日頃から並々ならぬ努力や労力を惜しまないことが重要となってきます。中には、飛びぬけて美人で愛想も人あしらいも良く、風俗店の営業時間内、自分の出勤時間内のみでお客さんを繋ぎ留めるのも余裕な風俗嬢もいるかもしれませんが、そんな風俗嬢はほんのごく僅かです。大概の風俗嬢の収入は、仕事時・プライベート時ともに継続した努力によって繋がれている場合が多いわけです。そうなってくると、中には出勤しているとき以外にもお客さんに営業メールを送ったり、時には店外デートに出かけたり…ということをしなければやっていけない、という風俗嬢もいるでしょう。しかし、それらはやり方を間違えるとお客さんを暴走させ、ストーカー化させる原因になりやすいものです。 なぜならば、お客さんは「風俗嬢がプライベート時にも、メールやデートで自分の相手をしてくれる=つまり、自分は個人的に風俗嬢から好意を持たれている=自分と風俗嬢とは特別な関係にある」と思い込んでしまいやすくなるからです。

上手な色恋営業でお客さんをストーカー化させない

色恋営業をする風俗嬢は、お客さんと自分との間に恋愛関係があるように演出してお客さんを楽しませ、繋ぎ留めようとするものです。しかし、本当に色恋営業が得意な風俗嬢は、お客さんに擬似恋愛を楽しませながらも、風俗嬢と客との間には越えられない溝があるのだということを、要所要所でしっかりとお客さんに突きつけられる風俗嬢です。 例えば、店外デートは絶対にしない、というルールを自分の中で決めておいたり、営業メールをするときにも「○○さんにすっごく会いたいな」という言い方はしても「○○さんのことが好き」とは言わないようにする等、些細なことながら、いざお客さんに詰められても絶対に言い逃れができるように気をつけて営業メールやトークをする、といった風に、頭を使って色恋営業をするのです。ただ単に「私○○さんのこと本当に、付き合いたいぐらい好きだよ~!」とか、「○○さんが彼氏なら良かったのになぁ」というようにダイレクトに言いまくっていると、お客さんを完全に勘違いさせてしまいます。そして、何かあったときに「騙したな」と恨まれてしまうわけです。 言い方を少し変えるだけ、対処を少し変えるだけで「この風俗嬢はもしかしたら自分に気があるかもしれないけど、やっぱり風俗嬢と客って立場は崩せなさそうかなぁ。でも、もしかしたら…」という程度にお客さんの気持ちを押さえられますし、そうすればお客さんが暴走することも防ぐことができるのです。

一緒に読まれている記事

カジュアルソープ
広島で大流行?カジュアルソープってなに?
客
「プレイなしで良い」お客さんってどうしたら良いの?
保証制度
風俗で稼ぐには保証制度があるお店を見よ!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る