特集コラム

2017.07.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の若い男は風俗に行かない?~若い男性が風俗にこない理由~

雑学
若い男性

風俗業界に斜陽の時代が来ていると言われている昨今。理由は、風俗利用客の減少、それに伴う売上げの減少によるところが大きいようです。 もちろん、儲かっているお店の風俗嬢は、月に100万越えのお給料を稼ぎ出すことも難しくはないほどではありますが、それにしてもお店ごとの売上げの金額に差がどんどん開いていっている傾向があるように感じられます。儲かるお店は更に儲かり、儲からないお店は全く儲からないため、新しい風俗店もできては消え、消えてはできる、というのを繰り返しています。 そもそもが、風俗利用客全体を見てみると、そのほとんどが中高年男性ばかりになってきているようです。若い男性風俗を頻繁に利用しているお客さんというのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。 しかし、若い男性客風俗に来なくなってしまった、風俗遊びをする習慣が廃れてきてしまっている、というのは、風俗業界にとって由々しき事態です。なぜらならば、中高年男性は現在の風俗業界を支えてくれるありがたい存在ではありますが、今後遊んでくれる年月を考えると、やはり若い男性客の方がはるかに長く風俗業界を支え続けてくれる計算になるからです。 つまり、若い男性風俗遊びをしなくなると、毎年少しずつ中高年男性で風俗遊びを卒業していく男性たちがいるわけですから、風俗業界にお金を落としてくれるお客さんの数は、どんどん先細りとなっていってしまうのは目に見えています。

若い男性が風俗に来なくなった理由とは?

最近では景気は回復傾向にあるとか、ニュース上では景気の良い話ばかりが流れてきますが、しかしそれを実感できている人はほんの一握りではないでしょうか。 景気の良さを実感できるのは、ある程度お金を持っている人や会社の上の人たちばかりで、若い人たちや社会のヒエラルヒーの下層部にいる一般市民は、ほとんどその恩恵は受けていません。むしろ物価は高くなる一方でお給料は据え置き、ということがほとんどですから、個人的な経済生活という面から見れば、はいよいよ苦境に立たされている人が多いのではないでしょうか。 そんなわけで、若い男性はとにかくお金がありませんので、生活のどこかでは浪費を切り詰めなければなりません。最近の若者は、お金を本当に使いません。服はユニクロで良い、車も家も別に欲しくない。そればかりか、お酒を飲む・煙草を吸うこともない若者が増えているようです。そんな中、当然風俗遊びをする若者も、もちろんどんどん減っています。風俗遊びなど、若い男性にとって最も不経済的なものですから、当然といえば当然かもしれません。

風俗遊びのリスクを怖がる若者たち

最近の若い男性たちは、様々なリスクや面倒事をなるべく回避しようとする傾向にあります。 恋愛、結婚といったものすら「お金が掛かる」「自分の時間を削られたくない」「相手に振り回されるのがイヤ」という理由でしない、という男性は珍しくありません。 そういった男性が風俗を利用しない理由としては、ただ単に料金が高いというのに加え、性病に対する恐怖もあるようです。 風俗では今現在、風俗客が減少しているので、他の風俗嬢に常連客が流れてしまうのを繋ぎとめようとしたり、フリー客を常連客にしたいがために本番をする風俗嬢が後を絶えないため、更に性病が広がりつつあります。また、どんどんプレイ内容がハードになってきていることも、性病の蔓延に一役買っているでしょう。一昔前まではレアプレイだったアナルプレイや即尺・即即、といったプレイですら、今現在では基本プレイです。 更に、性病に対する無知が原因で、危険な行為も平気でしてしまう風俗嬢風俗客の現状がそれを煽っています。 当然、性病を怖がる若い男性の足は更に風俗から足が遠退く…という悪循環に陥っているのでしょう。 性病に掛かってしまえば、病院代が掛かりますし、余計な不安を抱え込むことになりますので、面倒臭がりな若い男性たちがそれを忌避するのは当然のことでしょう。

一緒に読まれている記事

kasegeru
年齢じゃない!稼げるソープ嬢ってこんな人
tyokin
風俗嬢だからこそ気をつけたいお金の貯め方
クレーム対策
トラブルを避けよう!デリヘルでのクレーム対策

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る