特集コラム

2017.08.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働きたくない・休日は寝てばかりの風俗嬢がやる気を出して働く方法

稼げる
やる気

毎日あまりやる気がでない、休日は家で寝てばかりいる、という風俗嬢はかなり多いようです。働きたくないと思って風俗のお仕事をドタキャンしてしまう、でも例えドタキャンしたとしても、結局やる気がないので家で寝て終わってしまう…という話を聞いて「あ、私もだ」なんて共感してしまう風俗嬢は、生活態度をちょっと変えればもっとアクティブに毎日を過ごせるようになるかもしれませんよ。 疲れるから動きたくない、ちょっと眠い気がするので眠ってしまう、という悪循環を繰り返していると、そこからどんどん抜け出せなくなってしまいます。

働きたくない…風俗嬢の心理とは

働きたくないと考える風俗嬢の中にも、2タイプがいるのではないでしょうか。風俗のお仕事そのものがイヤでイヤで仕方がないタイプと、出勤するまでが毎日憂鬱で、お仕事が始まってしまえば割と平気、というタイプです。前者はなかなか大変ですが、実際には後者の割合もかなり多いものです。しかし、後者の場合は、出勤してしまえば大丈夫、というものですから、出勤時にだけよいしょ、と重い腰を上げてしまえば割と平気なものです。問題は、どうやって「やる気スイッチ」を入れるのか、ということですが、起きてからずっとダラダラとテレビを見ながら支度をしている…という人は、お尻が重くなりがちです。テレビを見ながら何かをする、というのは、一番やる気がそがれやすいのではないでしょうか。

アクティブな生活をするためにはメリハリが大切

一日中気を張っている必要性はありませんが、風俗嬢もせめて出勤前ぐらいはメリハリをつけて、アクティブになりやすい「やる気スイッチ」を押して見ましょう。そうすれば、より一日を積極的に過ごすことができますし、お仕事に対してもイヤイヤながらやるのではなく、やる気をもって挑めるのではないでしょうか。 例えば、出勤前には、出勤時間ギリギリに起きたりせずに、ちょっと早めに起きて洗濯や掃除等の家事を済ませてしまう、ヨガやストレッチをして体を温めておく等の「ちょっと面倒臭いけどやってしまうとスッキリする」ようなことを敢えてするようにすると、達成感とともに体が温まって動きやすくなります。たとえほんの些細なことだとしても、何かを一つ達成しておくと、やる気が沸いてきてこれも、これも、とミッションを次から次へと達成しやすくなるものです。 しかし、メリハリをつけずに生活すると「まだ、もうちょっとだけ横になっていても良いよね」「なんだか面倒臭いから、もうちょっとだけテレビを見てしまおう」と言った具合に「動きたくない(動かなくても良い)理由」をあれこれと頭の中に思い浮かべてはどんどん動けなくなっていきます。仕事から帰ってきた後であれば、別にダラダラしても問題ありませんが、朝にこれをやってしまうと、出勤をドタキャンしたくなってしまったりという原因になりかねません。

一日中眠くて仕方がない風俗嬢はどうしたら良い?

一日中眠くて仕方がない、という風俗嬢は、その眠気によってやる気がそがれてしまっていることも多いもの。 一日中眠気が抜けない風俗嬢は、良質な睡眠をとれていない場合も多いです。枕を変えてみたり、ベッドマットを変えてみるなどすると、より深く眠りやすいかもしれません。 また、部屋が明るいと安眠できない場合も多いですので、昼夜が逆転した生活を送らなければならない風俗嬢は完全遮光のカーテンをつけて、寝ている間は部屋に光が入らないようにしたり、寝る直前のスマホやパソコンの使用、テレビを見るのを控える、常夜灯をつけずに部屋を真っ暗にして眠るようにするなどの工夫をしてみましょう。また、眠る数時間前からはカフェインが多く含まれるお茶やコーヒーなどは控えるようにしてください。

一緒に読まれている記事

お店でのネイル
風俗でネイルはNG!衛生面のマナーを知っておこう
声
風俗嬢に求められる「喘ぎ声」の演技って?
デリヘルのAFプレイ
デリヘルの「AFプレイ」ってなに?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る