特集コラム

2016.08.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗店の色恋営業ってどんな意味?

雑学
色恋営業

風俗店では「色恋営業」という言葉が使われることがあります。女性による営業方法のひとつですが「聞いたことはあるけど、意味は知らない」という方は多いのではないでしょうか?
本指名を増やして高収入を稼ぐためにも、風俗店での売り出し方を考えることも大切になってきます。今回は風俗店における「色恋営業」とはどんな意味なのか解説していきたいと思います。


リピート率をグッと上げる色恋営業


色恋営業とは、恋人に対してとるような言動をお客さんに行ないサービスをおこなうことを意味します。通常のサービスだけでなく、ボディタッチや言葉によって積極的に好意があるように思わせる接客のしかたです。
思うようにリピーターや指名客がつかないとき、風俗店では色恋営業を活かしてお客さんとの距離を縮めていくという女性も中にはいるのです。売り出し方の一つとしても有効な手段です。
お店のコンセプトやジャンルに合わせてお客さんにアピールをしてみましょう。


お客さんを惹き付けるコツは?


色恋営業のコツとしては、お客さんにいかに恋人同士を錯覚させるような言動ができるかです。
「ほかのお客さんより気持ち良い」 「あなたのプレイ素敵ですね」などあたかも期待させてしまいそうな言葉をかけます。プレイ中は恋人のような距離で密着したりと、「貴方だけは」という特別感がお客さんの心をくすぐるのです。
「さみしい」「会いたい」などあたかも恋人のような言葉の言い回しも色恋営業の特徴のひとつ。そんな甘い言葉を言われたら、お客さんは「自分に気があるのではないか」と感じてしまうことも。ここから、「もっとこの子を指名すれば恋人になってくれるかもしれない」など風俗嬢との恋を予感してしまいます。相手に気を持たせて指名客を増やすことが目的であるといえます。


営業メールでも有効!


色恋営業はメールでも活用することができます。 お客さんは自分の好きな風俗嬢とメールアドレスを交換して親しくなりたいと考えています。形としてあとに残る営業メールだからこそ、あなたとお客さんだけの思い出をメールで送るのも有効です。
その日のプレイの感想、お客さんとの思い出、今後の出勤スケジュールなどを定期的に送信することで少しずつ距離も近付きます。 なかにはお店側でお客さんとの連絡先の交換を禁止されていることもありますが、なかには自分から積極的にアドレスを聞く女性も。お店のルールを破らない範囲で色恋営業を行ないましょう!


一緒に読まれている記事

朝焼け
朝から働ける風俗店ってある?
薬
胃が痛い風俗嬢…原因は病気? ストレス?
カップル
風俗客と風俗嬢が付き合って上手くいかない・長続きしない理由

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る