特集コラム

2018.03.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市区町村の制度を上手に使って風俗嬢も健康診断を受けよう!

健康
風俗嬢 健康診断

昼職で正社員で働いていると、年に一度の健康診断が会社から義務付けられていることは多いものです。風俗嬢は自営業となりますので、何となく健康診断等を受けないまま何年も過ぎてしまっている方もいるかもしれませんが、健康診断を受けないのは良くありません。性病に関しては、毎月検査している方が多いかと思いますが、その他の病気の可能性についてはついつい放置しがちになっている方は多いのではないでしょうか。
しかし、正社員として働いている多くの人は、毎年一度は会社の健康診断を受けているものです。つまり、健康診断は毎年やった方が良い、ということです。特に、がんに関しては、進行が進むと死に至る危険の高い病気です。逆に言えば、早期に見つけてしまえば治療で治る可能性も高くなりますので、風俗嬢のみなさんも、年に一度は健康診断を受けた方が良いでしょう。「病気だと告知されるのが怖いから」と病院で検査を受けるのを嫌がる風俗嬢もいますが、早めに気づけば治療で治るので怖がることはありません。逆に、放置すれば放置するほど、検査を受けに行くのがますます強くなり、検査しにくくなってしまいますので若い頃から検査に行く習慣をつけておいた方が良いでしょう。

タダまたは限りなく安い値段で健康診断は受けられる!

しかし、病院に行くと病院代がかかるのが嫌だと言って、健康診断を受けていない風俗嬢も多いのではないでしょうか。特に、借金を返すため等理由があって風俗で働いている風俗嬢の場合は、稼いでいるとは言ってもできる限り生活を切り詰めている方も多いため、健康診断を受ける経済的な余裕などない、という方も中にはいるでしょう。
しかし、お住いの市区町村で健康診断を無料または500円、1000円といった安価で受けられる場合は多いものです。料金はお住いの市区町村によって若干違ってくる場合もあるかと思いますので、気になる方は一度問い合わせてみると良いでしょう。

40歳以上は更に市区町村で受けられる検査種類が多くなる!

年齢を重ねれば重ねるほど、老化により免疫力は弱まり、病気になる確率は上昇していきます。それに合わせて、市区町村で受けられる検査種類は40歳を過ぎるとかなりその種類が増えます。胃がん、口腔がん、大腸がん、肺がん、乳がん、骨粗鬆症、B型・C型肝炎ウイルス等の検診を受けられる場合が多いようです。

市区町村の検査であれば、非常に安価で検査できる!

しかも、胃がんや大腸がん等の検査は、実費で行うと数万単位で費用がかかってしまうことが多いものですが、市区町村を通して行うと、数百円?1500円程度で受けられる場合が多いようです。
実費で行うとかなり家計に負担となりますが、市区町村を通せば非常に安価で受けられるわけですから、それを利用しない手はありません。
特に大腸がんは、痛みを伴わない場合が多く発見が遅れがちとなり、早期に発見して治療すれば高い確率で治癒しますが、発見が遅れると死亡率は急激に上がってしまいます。そうならないためにも、早期発見は必須です。
各種がん検診は、お住いの市区町村にもよりますが、40歳以上であれば安価で毎年受けられる場合が多いですので、必ず受けるようにしましょう。
また、子宮がんに関しては、20?39歳の女性は毎年受けられ、40歳以上になると隔年に受けられる、という場合が多いようです。

これらも市区町村によって若干値段や受けられる年齢等が変わってくる可能性がありますので、興味がある風俗嬢の方は、お住いの地域の役所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

一緒に読まれている記事

激安店にも高級店にもあるメリット・デメリット
情報不足で損をする!? 激安店にも高級店にもあるメリット・デメリット
ホテヘル掛け持ち
掛け持ちで稼ぐなら広島ホテヘルで決まり!
プチ出稼ぎ
短期で高収入!広島へプチ出稼ぎに行こう!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る