特集コラム

2018.03.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性病検査は病院でしたほうが良い? 検査キットで十分?

健康
風俗嬢の性病検査

風俗で働き始めると、月に1回?2回、性病検査をお店から義務付けられている場合がほとんどです。中には、お店から検査キットが配られたり、また病院代がお店から支給されるというような手厚い待遇の風俗店もあるようですが、大概の場合は病院代、検査キット代は自分持ちで検査しなければなりません。お店の中には、建前では「性病検査を徹底しています」という風にうたっていても、実際には性病検査に関してはほぼ風俗嬢任せで、性病検査の結果のお店への提出も適当でもOK、という風にしてしまっているようなお店もあるようです。性病検査にもお金が掛かりますので、そういったお店は風俗嬢側からしたらラクに見えますが、しかし実際にはとても危険で、最終的に損をするのは風俗嬢自身ですので、性病検査は厳しく義務付けられているようなお店で働いたほうが、風俗嬢自身にとっても良いということは明白です。

性病検査をしていないと、お客さんから風俗嬢が性病をもらってしまったことに気づけませんし、そうなると更に別のお客さんに性病を感染させてしまったり、またそのお客さんが更に別の風俗嬢に入ることにより、他の風俗嬢にも感染は広まります。そして、風俗店の信用が落ち、お客さんが来なくなってしまうことも。また、HIVや梅毒等、早めに治療を始めれば発症を抑えられたり短期間で治療できたりするものの、放置することによって取り返しがつかなくなり、命に支障が出るようなことになりかねない性病も多いですので、やはり性病検査を徹底することは大切です。

性病検査をするには病院でしたほうが良い?

性病検査をするためには、大まかに分けて2通りがあります。1つは病院で医師の手による検査をする場合。そしてもう一つは検査キットを使って検査をする場合です。
病院で医師の手による検査は、全て看護婦さんやお医者さんの誘導に従って検査ができますので、不安があまりありません。更に、何か心配なこと、気にかかっていることがあればそれを相談することもできます。 調べる人の顔が見える分、安心感を得ることができる点と、臨機応変に対応してもらえる点が病院で性病検査をすることのメリットではないでしょうか。

検査キットで性病検査をしても大丈夫なの?

検査キットを使用して性病検査をする場合、インターネット等で検査キットを購入して取り寄せます。そして自宅で検査するわけですが、病院での検査と違い、いつでも自分の好きな時間に検査することができ、更に実際に病院へ足を運ばなくても検査できるため、より匿名性が高い点がメリットです。
ただし、自分自身で血液を採取して提出しなければならないという点で、血を見るのが無理だという方や、自分で検査をすることに不安がある、という方には向いていないかもしれません。ただし、検査結果の正確性に関して、病院での検査に比べて制度が著しく低い、というわけではありませんので、気軽に検査したいという方にはこちらのほうが向いているかもしれません。
検査キット、病院代、どちらも性病検査の費用については、調べる性病の種類や数によって変わってきますが、大体1種類の性病につき数千円?7千円ぐらいで調べられることが多いようです。検査費用については、その病院や検査キットのメーカーごとに値段が若干前後しますので、評判や値段を照らし合わせて調べてみてください。
病院で検査するにしろ、検査キットを使うにしろ、風俗嬢はとにかくなるべくこまめに性病検査を行うことをお勧めします。また、普段は検査キットを使用して検査しているという風俗嬢も、時々は実際に病院に行って検査したほうが、お医者さんに相談できるので良いでしょう。もしかしたら、自分が気づいていなかった症状などに気付けたり、良いアドバイスをもらえる場合もあります。

一緒に読まれている記事

LINE面接
風俗バイト面接をもっと気軽に!「LINE面接」
風邪予防
秋風邪に気を付けて!手軽にできる予防方法
黒髪ロング
黒髪ロングでお客さんウケを狙っちゃおう

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る