特集コラム

2017.05.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗での裏引きとは?風俗嬢がしてはいけない事

稼げる
風俗 裏引きとは?

風俗店には、数々のルールやタブーがあります。その中の最も大きなタブーが、裏引きをしてはいけないということ! 裏引きとは、店外デートのことを指して言います。店外デートに関しては、お店のコースに「店外デートコース」がある場合にはもちろん大丈夫ですが、それ以外の風俗嬢が私的にお客さんと店外デート裏引きをすることは、風俗店において硬く禁止されています。いくらお客さんに誘われたとしても、裏引きをしてはいけません。

風俗嬢が裏引きをしてはいけない理由とは

風俗嬢裏引きをしてはいけない最も大きな理由としては、>風俗店を介さずにお客さんと個人的に会ってしまうと、>風俗店にお金が入ってこなくなってしまうから、という点が大きいのですが、風俗店への損失だけではなく、風俗嬢個人にも大きなマイナスポイントはあります。お店の中でお客さんと会っている分には、何かトラブルが万が一起きたときにもお店のサポートを受けることができます。風俗嬢一人でお客さんとやりとりしているだけだと、お客さんは男性ですので女性よりも力が強く、また客と風俗嬢という立場上、お客さんが強気に出てきて風俗嬢側が正当性を通すことが難しくなってしまったり、また危険な立場に晒されてしまうことも、稀にではありますが発生する可能性はゼロではありません。

どうして風俗嬢は裏引きをしたがるの?

裏引きをしたがる風俗嬢の心理…それは何も「お客さんともっと仲良くなりたい」という友情や恋愛感情からではないことは確かです。風俗嬢のほとんどは、お客さんと親しくなりたいとなど考えていません。お金が発生するからお客さんと会うのです。 風俗嬢裏引きをする場合、ほとんどが「お店の外でお客さんと会えば、お客さんがお店に払うマージン分も全部自分の懐に入ってくる」という考えのもとにお客さんと裏引きをしている場合が多いようです。大概の場合、風俗嬢がお客さんと裏引きする場合は、お店のプレイ料金プラス本番代として数万円をプラスした金額を請求している場合が多いようです。また、お店にて男性客を相手にする場合と違い、時間はあまりきっちりとカウントしていない場合が多いようで、その分に関しても裏引きの料金は高めに請求したい、という風俗嬢は多いです。

裏引きにおけるお客さんの感覚と風俗嬢の感覚のズレ

しかし、一方のお客さんの中には、風俗嬢とタダでSEXしたい…という下心があって、風俗嬢裏引きに誘ってくるお客さんは非常に多いようで、風俗嬢がお金を請求するとイヤな顔をしたり、最初は素直に払っていても、2回、3回と裏引きを繰り返すうちに、料金をケチって値下げ交渉してきたり、惚けて支払いを渋ったりとしてくるお客さんは非常に多いようです。そういう厄介事に巻き込まれた場合、風俗嬢だけでは上手にお客さんと交渉することができず、結局最終的にはお客さんにはぐらかされてしまう場合も多いようです。 また、裏引きを繰り返すことによりお客さん側が風俗嬢とその分プライベートの距離も近づいたと勘違いしてしまい、勝手に付き合っていることにされていたり、付け回されたりというストーカー被害に遭ってしまう風俗嬢もいます。そういった場合、お店を通してお客さんと会っている場合は間に男性スタッフが入ってなんとかしてくれますが、裏引きをしているわけには誰も助けてくれませんので、風俗嬢が泣き寝入りしたり、より大きな事件に巻き込まれてしまう場合もあります。 そういった点から考えても、裏引き風俗嬢にとって非常に危険な行為であると言えるでしょう。いくら「一銭でも多く稼ぎたい…」と考えていたとしても、裏引きはせずにお店の中で一生懸命頑張って働いた方が安心してお金を稼ぐことができますよ。

※もっと詳しく知りたい方はこちらの 【風俗 裏引き】関する記事をご覧ください。

一緒に読まれている記事

聖水プレイ 放尿プレイ
聖水プレイ、放尿プレイってどうなの?
甘噛み女子
「甘噛み女子」になってみる?参考にしたい風俗嬢のテクニック
風俗嬢のVライン・アンダーヘア…アリ派? それともナシ派?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る