特集コラム

2017.09.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気嬢は、稼げるうちに稼いでおいたほうが良い?

稼げる
人気嬢は、稼げるうちに稼いでおいたほうが良い

風俗で働くのであれば、誰だってできるだけお金を稼ぎたいと思っているはずですが、実際に稼げるようになると、稼げるからといって働き続けるのは無理かもしれない…と感じ始める人気嬢は多いようです。 風俗嬢というお仕事は、若ければ若いほど稼ぎやすく、年齢を重ねれば重ねるほど稼ぎづらくなるお仕事であるということは周知の事実ではありますが、若いうちにはなかなかそれを実感して、自分の行動に反映させることができる計画的な人は少ないのではないでしょうか。しかし、実際問題として今現在お店で「人気嬢」としてちやほやされているとしても、3年後、5年後、10年後はどうなっているのか、誰にも予想がつきません。

稼げるうちに稼いで貯金する

正直なところ、将来を見据えた上で風俗で働くのであれば、絶対に「稼げるうちに稼いで貯金を作っておく」のが一番です。先にも述べました通り、風俗で稼げる時期というのは、誰にも予測がつきません。中には、30代、40代になっても人気があって稼いでいる熟女風俗嬢もたくさんいますが、それはほんの一握り。風俗嬢自身に非がなくても、お店自体の人気が落ちてきたり突然閉店の憂き目に遭うこともありますし、また今のお店で人気がある風俗嬢でもお店を移った途端にぱったりと客足が途絶えてしまうこともあります。今現在人気のある風俗嬢は、その人気が自分の天性の魅力だと過信せずに、環境や運がタイミング良く合ってその状況が作り出されているのだと謙虚に考え、今現在の状況に感謝をしてしっかり貯金しておくべきでしょう。

「将来を見据えて…」しかし、頑張り過ぎも良くない

上記のように、将来を見据えて今のうちから節約したり、貯金をしたりと対策を練っておくのが風俗嬢にとって一番の得策ではありますが、しかしだからと言ってお金を稼ぎたいばかりに体と心に鞭を打って無理をし過ぎるのも良くありません。「今しか稼げないから」「将来が不安だから」という理由で、焦って仕事をし過ぎて休息を取らずにいると、ストレスが溜まって一気に爆発したり、体調不良になってしまうこともあります。
いくら稼ぎたいと言っても、休日を全く取らずに何週間も働き続けたりするのは絶対にやめたほうが良いです。心にも体にも不可が大き過ぎます。
風俗嬢のお仕事は、精神的にも肉体的にも大きな不可がかかりやすいお仕事です。その分たくさん稼げると考えたほうが良いでしょう。ですから、無理をし過ぎないように、週に1日?2日は休みを取ってお仕事するようにしましょう。中には「私は体力があるから大丈夫」と自分の体力を過信して働き続けようとする風俗嬢もいますが、疲れを自分で気づけない人も多いものです。気づいたら免疫力が低下して性病にかかってしまっていた、なんだか朝起きれないと思っていたら鬱病になってしまっていた…なんてことにならないように気をつけてください。

自分の管理は自分でしかできない

風俗嬢は、お店で働いてはいるものの、個人事業主扱いです。極端な話をすれば、お店で働いているにも関わらず、一人一人がお店のオーナーのようなものですから、何かあった時に風俗店側がフォローをしてくれるとも限りません。自分の面倒は自分で見なければならないと考えてください。
将来についても、今現在の生活についても、結局風俗嬢一人一人が自分自身で管理していく必要があるのです。一般的な昼職の会社員よりも、自己責任能力が問われます。お金にせよ、健康にせよ、自分で管理しなければならないということはつまり、良くも悪くも自分次第ということです。計画性を持ってお仕事・貯金・将来の計画を立てられるようにしましょう。

一緒に読まれている記事

お客さんへのNGワード
風俗店でお客さんに言ってはいけないNGワードとは?
整形メイク
ナチュ盛り♪整形メイク
モテる風俗嬢メイク
濃いメイクとナチュラルメイク、どちらの風俗嬢がモテる?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る