特集コラム

2020.07.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デリヘル嬢の写メ日記の投稿件数、どのくらいが適量?

稼げる
写メ日記の投稿回数

デリヘル嬢のお仕事をしていると、お店から「写メ日記を書いて」と言われることがあると思います。また、お店側から言われなかったとしても、周囲のデリヘル嬢たちが自ら写メ日記を書いていることも多いので、自分もした方が良いのかな?と考えているデリヘル嬢もいるのではないでしょうか。 実際に、写メ日記はデリヘル嬢の営業ツールとしてとても有効な手段となります。お店のホームページや店頭のパネル写真、プロフィール等以外で、デリヘル嬢がお客さんに向けて自己アピールできる機会というのはなかなかありません。実際に予約を入れてもらった際にプレイやサービスで頑張ったり、その際にお客さんとメールアドレスやLINEを交換して個人的に営業メールを送る等ぐらいしかできることはなく、なかなか一度に不特定多数の見込み客に対して営業をかけることは難しいのが現実です。 しかし、そんな中で写メ日記は、まだお客さんとしての接点がない見込み客に対して、自分はこんなデリヘル嬢で、こんな魅力があります、という点を積極的にアピールし、まだ実際に会っていない段階から親近感を植え付けることが可能となる営業ツールとなります。

重要な営業ツールであるはずの写メ日記が裏目に出てしまう原因とは

写メ日記は上記のように、上手に使えば非常に優秀な営業ツールとなるわけですが、使いこなせないと逆にマイナスポイントとなってしまうことも。あまりにもプライベートを晒し過ぎて、ストーカー客を増長させる原因を作ってしまったり、特定のお客さんばかりについてばかり写メ日記上で書いてしまうと、嫉妬深いお客さんや独占欲が強いお客さんの怒りに火をつけてしまったり、興味をなくされてしまう原因を作ってしまうこともあります。 また、投稿画像にも気をつけないと、インターネットで拡散されてしまうこともありますので、なるべく本人や撮影場所を特定されない画像や、特定されても問題なさそうな画像を慎重に選んで投稿する必要があります。 また、自分が売れっ子であるアピールをしたいばかりに、今日は何本指名が入った、今日は何時間働いた、という就労内容を逐一ご丁寧に写メ日記に載せているデリヘル嬢もいますが、税務署からのチェックが入ったときに、写メ日記の内容も立派な証拠物として扱われることは頭に入れておいた方が良いでしょう。

写メ日記を投稿しすぎる嬢は、お客さんから勘ぐられる?

また、写メ日記をするなら、それ以外にも注意した方が良い点があります。 例えば、投稿する件数にも注意した方が良いでしょう。写メ日記にコメントが付いたり、いいねの数が増えたりすると、ついつい楽しくなって来てしまい、1日に何度も写メ日記を更新するデリヘル嬢もいるようですが、それはあまり良くないかもしれません。自己承認欲求が強く、病んでいそうだとお客さんから思われたり、人気がないので暇を持て余しているのではないか=良嬢ではなさそうだと判断される原因となってしまうこともあります。 また、入るお客さん入るお客さん全員に、個別で写メ日記嬢でありがとうのお礼を言うデリヘル嬢もいますが、それをすると、そこへの返信で他のお客さんには知られたくないことを書き込まれてしまったりというトラブルも起きがちですので、お礼はメールにて個別に送るか、または写メ日記上でコメント合戦にならないように、返信を書き込みできないような設定にしておいた方が良いかもしれません。 更に、個別に写メ日記でお礼を書いていると、人によってどうしても差が出てしまい、他の客にはテキストが多いのに自分には少ない、他の客からとはこんなやり取りがあったらしいのに自分にはなかった……と、嫉妬の原因を作ってしまうことにもなりかねませんので、もし毎回お仕事の後には写メ日記をつけたい、と考えているのであれば、その日一日分をまとめて「ありがとうございました」と全体に向けたお礼文にしてしまった方が、お客さん側からしたら面白みはないかもしれませんが、安全面から言えばそちらの方が良いでしょう。

一緒に読まれている記事

風俗嬢を彼女にしてくる男性客の特徴
風俗嬢を彼女にしてくる男性客の特徴
牡蠣
広島のグルメといったら牡蠣!
ファッションヘルスの講習内容
ファッションヘルスの講習内容が知りたい!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る