特集コラム

2017.12.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんへの営業、お礼を言うならブログ? メール?

雑学
お客さんへの営業、お礼を言うならブログ? メール?

風俗店の中には、お客さんとの個人的なやりとりを禁止しているお店もありますが、お店のメールアカウントを持たされていて、それでお客さんとやりとりできたり、店外は禁止されているけれど個人的なメールぐらいならOK、というお店もあります。そういった場合、指名を取るため、リピート率をあげるためにメールも活用して営業活動をしたい、と考えている風俗嬢もいるでしょう。メールの他には、お店のブログやTwitterを風俗嬢が活用できる場合もあり、それらも風俗嬢の営業ツールとして使われていることが多いです。お店側は、風俗嬢が使うためのお店のブログ等を用意している場合はなるべくブログを書くように、と言ってくるかもしれませんが、何を書けば良いのかわからない、という風俗嬢もいるのではないでしょうか。中には、せっかくの営業ツールだから、お客さんへのお礼や挨拶もブログで書いてしまった方が、個人的にメールをやり取りするより気が楽だと考えている風俗嬢もいるでしょうが、ブログに個人的なお客さんへのメッセージを書き込むのは考えた方が良いかもしれません。

お客さんは、他のお客さんとのやり取りを見せられるのを嫌う場合も多い

お客さんの中には、表面上では平気なふりをしていても、風俗嬢が他の男性と仲良くしているところを見せつけられるのを嫌う男性は多いものです。お仕事だから、と頭ではわかっているつもりでも、やはり「自分と風俗嬢は特別仲が良い」と思い込みたがるお客さんは多いものです。「たくさんいる客の中でも、自分は特別風俗嬢と仲が良い客である」「自分は客以上恋人未満の関係にいる」と考えているお客さんは決して珍しいお客さんではありません。そのため、もし自分のオキニ嬢がブログなどで、自分に対するコメントと全く同じようなコメントを他のお客さんにも書いていたり、自分に対するコメントよりも他のお客さんに対するコメントの方が少しでも長かったりすると、嫉妬したりガッカリして他の嬢にすぐ気移りしてしまうことも多いようです。そのため、万人の目に止まるお店のブログやTwitterに特定のお客さんに対するコメントを書き込むのは止めた方が良いでしょう。ブログには、近況報告や今日はどんな服を着ている、今日は何を食べた等、差し障りのないことだけを書いた方が良さそうです。頑張ってお客さんのご機嫌を取ろうとしたのにそれが裏目に出てしまっては、もったいないばかりです。

お礼はメールで、個人的にするのがベター

どうしてもお客さんに営業を仕掛けたい場合は、やはり一対一でやりとりができるメールにてやり取りした方が良いでしょう。メールをすることによって非常にプライベートなやりとりをしているという雰囲気を醸し出すことができますし、また他のお客さんとのメールと比較できないため、例え全員に同じ文章を送ってもお客さんを嫌な気持ちにさせずに済みます。ただし、一方でメールをするのには大きなデメリットもあります。親密な雰囲気を演出できる、ということは、お客さんに勘違いされやすい、ということでもあります。風俗嬢側が、特に深い意味もなく送ったそっけないメールにすら勘違いしてしまうお客さんというのはいるものです。どれほど気をつけていたとしても、個人的にメールを送りあうイコール二人だけの秘密、親密な証拠だと思い込むお客さんは確実に一定数います。そういったお客さんに対して上手にあしらうことができる自身があるのであれば、メール営業は非常に効果的です。ただし、やり取りに自身がない風俗嬢は、後で厄介ごとに巻き込まれてしまう危険性も大きいですので、止めておいた方が良いかもしれません。もしくは、来てもらった時にお礼をするのと、出勤時にお知らせをするのみにメールを使い、お客さんからのメールには一切返信しない、というようにするなどして使うと良いでしょう

一緒に読まれている記事

風俗嬢の性病検査
性病検査は病院でしたほうが良い? 検査キットで十分?
増加する外国人風俗客に注意!
オリンピックに向けて、増加する外国人風俗客に注意!
ガサガサ唇の風俗嬢はプルプル唇になって指名率UP!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る