特集コラム

2017.12.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗でお客さんに写メを撮らせても大丈夫?

雑学
風俗でお客さんに写メを撮らせても大丈夫?

お客さんの中には、プレイの途中に写メを撮りたがる人もいます。裸の風俗嬢やサービス中の風俗嬢の写メを撮影したがるわけですが、風俗店側としては、写真撮影は条件付きでオプションでOKなお店と、写真撮影は完全に禁止となっているお店がほとんどです。無料で写真撮影OK、というお店は極めてレアケースなのではないでしょうか。

しかし、中にはお店がもし禁止していても、内緒で写メを撮影させて、お小遣い稼ぎをしている風俗嬢もいるようです。写メをお客さんに撮影させてしまっても、果たして問題は起きないのでしょうか?

画像データがネットに流失してしまったら…

写真を撮影されて一番困るパターンは、撮影された写真をネットにばらまかれてしまった場合です。一度ネットに流出してしまった写真は、あっという間に拡散されてしまいますので、気づいたときには遅く、ネット上の画像を完全に消去するのはまず不可能だと考えたほうが良いでしょう。なぜならば、もし運良くネット上からその画像を全て消せたとしても、誰かが自分のパソコンに保存してしまっていたとしたら、またそこから画像は流出してしまいますので、イタチごっこになってしまいます。

また、「顔を隠しているから大丈夫」「目元を隠しているからバレない」などと考えている風俗嬢もいるかもしれませんが、きっちりとパネマジされて管理された宣材写真ならまだしも、気が緩んだ写メは更にバレやすくなってしまうことも。だいたい、撮影するのはお客さんですから「ちゃんと顔は隠れているよ」なんて言っていても、実はちょっと顔が写っていた、というような可能性もゼロではありません。

数千円をチラつかせられて、欲が出て顔出しOKで写メ写真を撮らせてしまったりすると、最悪な場合、それを利用して嫌がらせされる場合もあり得ます。良いお客さんだから大丈夫、害のなさそうなおとなしいお客さんだから問題ない、と思っている風俗嬢は、考え方を改めたほうが良いでしょう。たった数回、中には初めて会ったお客さんが本当に良い人かどうかなんて、分かるわけがありません。たとえ人当たりが良さそうなお客さんでも、例えば風俗嬢にちょっとそっけなくされた腹いせに、風俗で撮影した写真をネットや職場にばら撒かれたり、という被害も少なくはありません。

自分が風俗嬢として働いているのがバレたくないなら、写メは撮らせないほうが正解

もし、自分が風俗嬢として働いているのをバレたくないと考えている風俗嬢は、やはりお客さんに写メは撮らせないほうが良いでしょう。お店がオプションとして写メをOKにしている場合も、自分が写メOKにするのかNGにするのかは、よく考えてから決めるようにしましょう。また、もしOKにする場合は、きちんとお店が設定した撮影OK のボーダーラインを守るようにしましょう。

お店には内緒で写メ撮影を持ちかけられたら、お金をチラつかせられたとしてもやめておいた方が良いでしょう。何かあったとしきにルール違反をしていると、お店から助けてもらえなくなります。撮影OKにするなら、お店のルール内でするようにしましょう。

写メOKにするなら、風俗を辞めたときのことを考えてから

そして写メをOKにするなら、風俗のお仕事を辞めた後のことも考えて決めるようにした方が良いでしょう。もし、この先ずっと風俗で働いていこうと心に決めているのであれば良いですが、もしそうでない場合、短期間だけ風俗で働いてお金を貯めて、昼職の世界に戻りたい、誰かと結婚したい等のプランがある人は、自分の写メ写真が流出してしまったときのリスクは把握しておくべきです。簡単な気持ちでお小遣い欲しさにOKしてしまうと、後で厄介なことになりかねません。

一緒に読まれている記事

風俗嬢のみかん
正月太り撃退! 風俗嬢が速攻お腹を引っ込める“みかんダイエット
精液
風俗嬢なら知っておきたい!精液の意外な落とし穴
店外デート 断り方
その日、ラストのお客さんに店外を迫られた時の断り方

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る