特集コラム

2018.01.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクザ客が風俗に来たらどうしたら良いの?

雑学
風俗にヤクザが来たら

風俗で働いていて困るのが、厄介なお客さんがきた場合です。親切で聞き分けの良いお客さんばかりではなく、むしろ無茶な要求をしてきたり、本番を強要してくる本教客の方が多いようなお店すらあります。そして“普通の”厄介なお客さんの相手をするだけでも大変なのに、それがましてやヤクザだったら…と考えると、ゾッとするばかりです。

ヤクザの客って風俗にやってくるの?

基本的に、風俗店は注意書きに必ず「暴力団関係者のお客さんはお断りさせていただきます」と記載があるものです。そのため、建前上ではヤクザのお客さんがやって来た場合、風俗嬢側からお断りできることになっています。しかし、そうは言っても店舗型なら受付で、派遣型なら電話口で風俗店スタッフが相手をヤクザやチンピラなのかそうでないのか判断できるかどうかといえば、必ずしも分かるわけではないでしょう。一見して見た目で分かる相手もいれば、わからない場合も多いものです。また、風俗店のスタッフがむしろチンピラ系である場合も多く、そうなるとお客さんに対してもその線引きが甘くなっていることもあります。また、お客さんは男性スタッフには礼儀正しく問題ない対応をしていても、風俗嬢と二人きりになった途端横暴になったり、暴力的になったりする場合もありますので、注意が必要です

しかし、結論から言ってしまえば、ヤクザ客が風俗店にそんなに頻繁にやってくるかといえば、そうでない場合の方が多いものですので、あまり敏感にならなくても良いかもしれません。ただ、もしやってきてしまったときに面倒なことにならないように、一応気に留めておいた方が良いでしょう。

ヤクザ客がやってきて困る点は?

ヤクザ客、チンピラ客がやってきて困る点というのは、やはり暴力を振るわれたり、横暴な態度や脅されて本番強要されるという点、そして覚せい剤等の違法薬物にも気をつけた方が良いでしょう。よく、ヤクザに覚せい剤を打たれてレイプされる、ということは滅多にないとはいえ、可能性がゼロであるわけではありません。もしお客さんに「別に危なくないから」と言われて薬物を摂取することをそそのかされたとしても、断固として拒否し、すぐにお店のスタッフに連絡するようにしてください。中には様々な甘言で誘ってくるようなお客さんもいるかもしれませんが、絶対に気を許さないようにしましょう。 予め「そういうことがあるかも」と思って気をつけていれば、いざという時にもすぐに正しい判断をすることができますし、おかしいな、と思ったらすぐにお店に連絡をする癖を日頃から身につけていれば、あまり大事にならずに済む場合は多いものです。逆にぼんやりと仕事をしていると、様子がおかしいことに気付けずに、気がついたら厄介ごとに巻き込まれてしまう場合もあります。特に派遣型風俗で働く場合は、注意した方が良いでしょう。

ヤクザよりも素人の方が怖い!?

見た目からいかにも「ヤクザ」というお客さんは、逆にわかりやすいし無茶をしないので面倒がない、という風俗嬢もいます。むしろ、一見普通の人なのに、蓋を開けてみたらおかしなお客さんだった、という方が恐ろしい場合も。普通の人でおかしなお客さんというのは、どこまでが良くてどこまでがダメなのか、そのラインの区別がついてしないことも多いので、風俗嬢がいくら正論で対抗してもまったく対処しきれない場合もあります。風俗のお仕事はとても儲かるお仕事ではありますが、その分何かトラブルが起きたときには自分主体で立ち回らなければならないもの。「このくらいなら大丈夫でしょ」という気の緩みで、厄介ごとに巻き込まれてしまうものです。とにかく、ちょっとでもおかしいなと感じたときには、儲けのことを考えて踏みとどまらずに、早めにお店に連絡するなり断る口実を考えたりと、頭を回転させる癖はつけておきましょう。

一緒に読まれている記事

シャワーのコツ
雰囲気づくりが大切!上手なシャワーのコツとは?
入店祝い金
上手に稼げる!入店祝い金の仕組み
風俗嬢に幻滅する瞬間
アナタは大丈夫?お客さんが風俗嬢に幻滅してしまう瞬間

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る