特集コラム

2018.03.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店が暇になったら…移店を考える風俗嬢

雑学
移店を考える(風俗嬢)
最近お客さんが少なくて暇だなぁ…収入が少なくなってきてしまって困っている…という場合、移店を考える風俗嬢は少なくないでしょう。 風俗という業種では、移店があまりマイナスにはなりません。昼職だとあまりにも転職を繰り返していると履歴書の見栄えが良くない上に、企業から長期的に働けない人間なのでは…?と疑問を持たれてしまう原因になるため、あまり頻繁に転職を繰り返すことはマイナスポイントですが、こと風俗においては移店してもあまり気にされないことが多く、更に風俗嬢側もちょっと稼ぎが落ちたら別の店に移店…ということはとても多いようです。 自分の売り上げだけが落ちているなら、それは風俗嬢自身の努力不足、という要因によるものかもしれませんが、しかし自分だけではなく、お店に所属する他の風俗嬢も全体的に暇だな、という場合はお店全体の売り上げが悪化している場合もありますので、そういった場合は移転を考えてみた方が良いかもしれません。 しかし、問題なのは、そのお店がある風俗街全体に活気がなくなっている場合。風俗嬢同士の噂話や同業者たちとの会話、またはインターネットの風俗掲示板などを見ると、そういった情報が語られていることも多いので、風俗嬢も時々は情報収集をしておいた方が安定した収入や、収入UPを目指せるかもしれません。

風俗街全体に閑古鳥がないている!?

風俗街によっては、風俗街全体にやってくるお客さんが減少してしまう…ということも少なくありません。それは単純に、業界全体のお客さんの数が減っている、というだけではなく、例えば隣町にリニューアルオープンした風俗店が調子が良くて、そちらにお客さんを取られてしまっている、というような場合も考えられますし、デリヘル店の場合は店舗型風俗店よりも比較的開業が容易ですので、競合他社が別の風俗街に増えてきて、そちらにお客さんを取られてしまっている、ということも考えられます。 お店だけではなく、風俗街にも流行り廃りはあります。 単純に風俗業界だけの話ではなく、例えば隣町の方が商業施設が増え、新しいマンションが増えたりして人口の流入が増えて、別の街のレストランや飲み屋等が廃れしまい、それに引きずられるように風俗店もお客さんが減少し…ということも少なくありません。そういった場合は、他の風俗街のお店に移店する、というのも視野にいれて移店を考えた方が良いかもしれません。

どうやってお店を探せば良いの?

移店を考えたときは、行き当たりばったりお店を探すよりも、もちろんしっかりと事前にリサーチをしてから面接に行った方が良いでしょう。 信用できる風俗のリクルートサイトで紹介されているお店を探したり、またインターネット掲示板で悪い評判がないかどうかを調べたりといったことはとても重要です。 どの風俗街が現在活気があって、どこがあまり活気がないのかを調べるには、実際に足を運ぶのも良いですが、やはりインターネットを利用して調べるのが便利です。 お店によっては、求人のページには良いことばかり書いてあっても実際に行ってみたら条件がかなり違っていたり、お給料は良くてもお店の雰囲気が悪かったりということもありますので、その辺りはやはり口コミの情報を調べないと分かりにくいものです。自分から調べるのは面倒に思えるかもしれませんが、そこは面倒がらずに積極的に調べておいた方が働く前のイメージと働き始めた時のギャップが少なくて済みそうです。 また、実際にどこか良店で働いている友達などがいるのであれば、その友達に紹介してもらって働くのも一つの手です。ただし、お店に入ったらお友達もライバルになりますから、売り上げやお客さんの取り合いでギスギスしてしまう場合もありますので気をつけた方が良いかもしれません。

一緒に読まれている記事

若いお客さんの困った点、おじさん客の困った点
未経験
風俗未経験ならではの稼ぎ方で高収入をGETしよう!
体力的・精神的にマシなのはソープ?ヘルス?デリヘル?
体力的・精神的にマシなのはソープ?ヘルス?デリヘル?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る