特集コラム

2018.04.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天気がいいのに…風俗嬢は春先の冷えにご用心

雑学
風俗嬢は春先の冷えにご用心

春になり、ポカポカ陽気が気持ちいい季節となってきました。冬場には毎日フル稼働していたエアコンやヒーターも、しばらく電源を入れていない方も多いことでしょう。 昼間は初夏のような日差しが照りつけたりして、もうすっかりダウンジャケットが必要のない春先の今日この頃、休みの日には 衣替えをして真冬の厚着用の洋服は全てタンスの奥にしまったり、クリーニングに出したりしてしまったのではないでしょうか。

しかし、そんな暖かい季節の春でも、冷え性に悩む風俗嬢は相変わらず多いようです。 暖かくなってきた季節なのにどうして体が冷えてしまうのでしょうか?

春先の体は案外冷えやすい

真冬は気温自体がとても低いですし、真夏になるとクーラーによって室内温度が冷えてしまい、冷え性になりやすいということは周知の事実ですが、心地よい気温で暖房も冷房も必要がないような春先でも、女性の体は冷えやすいものです。 昼夜の寒暖差が激しく、 最高気温は19度、20度まで上がるにもかかわらず、最低気温は5度や6度2まで下がることも少なくありません。この昼夜の極端な寒暖差が、自律神経の乱れを引き起こし、それが原因で体調不良や冷え性につながります。
また、冬場は寒いので温かい飲み物を飲んでいても、春先になってきて、日中は少し汗ばむような陽気になると、ついつい冷たい飲み物が欲しくなって、氷の入ったドリンクをがぶ飲みしてしまったりもします。 冷たい食べ物や飲み物は、体を内側から冷やす原因となります。そういった様々な要因により、春先も冷え性は起こりやすいのです。
そして、衣替えも冷え性の原因の一つとなってしまう場合も…。冬用の暖かい服をしまってしまい、 春の爽やかな気候に誘われてついつい薄着をしてしまいがちですが、日中は良くても、夜になるとぐっと冷え込み、しかし衣替えをして暖かい服をしまってしまったせいで着るものがなくなり、でもタンスの奥から出すのが面倒だから薄着のままでついつい我慢してしまう人も多いものです。しかし体を冷やすことはもちろん冷え性を増長させることにつながってしまいます。 いくら暑いと感じても、春先は少し厚手の羽織りものは常に持ち歩いておいた方が良さそうです。

春の冷え性で体がパンパンにむくんでしまう?

春の冷え性は、案外恐ろしいものです。 放っておくと肩こり腰痛、頭痛、生理不順や生理痛、そしてむくみの原因にもなりやすいものです。更に酷くなると、自律神経失調症の引き金にも。また、春の冷え性は肌荒れの原因にもなります。ただでさえ花粉やPM2.5などが原因で春先は肌荒れしやすいものですので 、気をつけたいところです。
春の冷え性は、日頃からちょっとした気遣いで防ぐことができます。まず、足元を冷やさないようにしましょう。春になってスカートの下のタイツがヌードタイプのストッキングに、ブーツがハイヒールに変化した風俗嬢も多いでしょうが、それは裏を返せば足が冷えやすいファッションになったということです。 お仕事中はなかなか難しいかもしれませんが、家にいる時などはきちんと靴下を履いて、足元を冷やさないように気をつけてください。
また、暖かくなってきたので湯船にお湯をはるのが面倒になり、最近はついついシャワーで済ませてしまっている、と言う風俗嬢も多いでしょうが、できればお湯をためてお風呂に入るようにしましょう。お風呂に入って体の芯から温めて、冷え性を予防しましょう。

軽い運動で体のめぐりを促す

軽い運動は、春先の冷え性予防にとても効果的です。リンパの流れや血行を良くし、代謝を促進してエネルギーを燃やし、冷え性を予防しましょう。
食事面では、冷たいものをあまり食べないようにして、火の通った温かいものを食べるようにします。砂糖やカフェインは体を冷やしますので、控えるようにした方が良さそうです。

一緒に読まれている記事

稼げる秋
秋は広島風俗バイトで高収入を稼ごう!
デリヘルで働いていて高級ホテルに呼ばれる場合
風俗嬢 乳首ケア
「風俗嬢」「乳首ケア」乾燥の季節は乳首ケアを更に念入りに…!

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る