特集コラム

2020.06.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【行動するには自己肯定感を養おう②】

雑学
自己肯定感を養おう

 

 

1.自己肯定感を養う為にすぐにできる事

 

自己肯定感を養う為にはすぐ実行できる短期的実行力と長期的実行力を組み合わせる事により、

自己肯定感を養う事ができます。短期的実行力とは、すぐに自分で出来る事で、長期的実行力とは、継続して習慣化する事です。

では実際にどのような事をして短期的と長期的をすればいいのかをご説明します。

1.1言葉が大事

 

この言葉の力が本当に大きく作用します。自己暗示的なものではありますが、

この自己暗示は一流のアスリートも実践してますし、夜のキャバクラ嬢で言うと、

髪をセットした時に自分の顔を鏡で見ながら「よしやるぞ!」と心の中で気合いを入れる事に似ています。

「最も強力な自信とは、根拠のない自信である」とある科学者が言った名言ですが、本当にその通りで、

周りで成功している人や幸せそうな人の共通点は「根拠のない自信」を持っている事です。

この根拠のない自信を持っている事によって、人を自然と引き付けるような魅力があるんですね。

そしてその根拠のない自信は根拠がない為、簡単には折れません。

本当に不思議ですが、根拠のない自信は確実に存在して、確実にいい効果をもたらせます。

その根拠のない自信を持っている人は否定的な言葉を自然と肯定的な言葉に置き換えているのです。

例えば「どうしたらいいのか?」という問題は「なんとかなる!」

「疲れたなぁ」だと「よく頑張ったな自分!」

「大変な事をしてしまった!」だと「長い人生でいい経験をさせてもらった」

「もう自分はダメだ」だと「まだまだやれることはあるはずだ」

など、否定的な考え方をポジティブに考えて行動する為、周りの人は「馬鹿なのではないかな?」と思いつつ、本人は基本的には笑顔が多いので

人を引き付ける不思議な魅力があるのです。確かに笑顔が大きくポジティブな人と一緒にいれば自分まで明るくなれるように錯覚しますよね?

前回でも言いましたが自己肯定感は一定ではないので、いくら明るい人でもへこむ事はあるのですが、そんなへこんだ自分ではダメだと思い、肯定感を持つように努力するのです。

その瞬間は苦しいですが、それをすることによりいい結果をもたらすと自然と理解しているんですね。

1.2好きが力になる

 

人間は好きな事をしている時はマイナス思考にはなっていません。

自分が好きな物を周りに置くことで、気分を向上させることができます。

例えば、自分の部屋に好きなものを置く事は自然とやっている人はいるのではないでしょうか?

その環境の中で好きな人や仲のいい人と電話などをして気分を向上させることも大事です。

ここで大事なのは、「否定的な話をしない」事。否定的な話をすることで前回もお話しましたが、

否定的な意見は伝染します。せっかく自分の好きな人や仲のいい人まで、自分から遠ざけるような自殺行為はやめましょう。

1.3刺激を求める

 

人間は毎日同じ事の繰り返しだと自己肯定感が衰えていくという研究結果が出ています。

確かに毎日同じ事の繰り返しであれば、モチベーションは確かに上がりませんよね。

そこで毎日同じ繰り返しになっているなと感じたら行動に刺激を加えましょう。

刺激と言っても、大したことではなく、例えば散歩をしたり、歩いて帰っているのであれば、

いつもとは違うルートで帰ったりほんの些細な変化でも大丈夫なのです。

そして、風俗をしている女性や男性はお昼に活動する事も多少は少ないですしょうが、日光を浴びる事も有効です。

人間は日光を浴びる事により、セロトニンという脳内に幸せ物質みたいなホルモンが分泌されるので、気分も向上します。

あとは、掃除をしましょう。これも大掛かりな掃除ではなく「5分掃除」で大丈夫です。

長く掃除をしないといけないから面倒臭くなってやらない人が多いとは思いますが、とにかく始めるという一点のみに集中しましょう。

それが5分掃除です。たったの5分、机の周りを掃除する・たったの5分水回りを掃除するなどの些細な刺激でも大丈夫なのです。

もちろん旅行や日頃できない買い物なども有効なのでぜひ試してみてください。

1.4休憩を取る

 

これは言うまでもなく、大事な事ですね!人は寝る事により1日の記憶を整理しています。

寝る事により頭がすっきりしますし、お昼の時間や疲れたなと思ったら仮眠もしましょう。

この仮眠は眠らなくても、目を瞑って10分から20分リラックスするだけでも、効果はあります。

2.自己肯定感を養う為に継続する事

さきほどの項目はすぐに自分でも自己肯定感を養う為に実行できる事を書きましたが、

これ以降がとても大事にはなりますが継続をすることで習慣化し、継続していく事で自己肯定感をUPさせる方法です。

こちらの方は少し難しいと感じる人もいますが、これをやり遂げる事により自己肯定感の土台である自信にも繋がりますのでとても重要ですよ。

2.1嫌な事を吐き出す(アウトプットする)

 

人間嫌な思いをすることはたくさんありますが、大体の人が自分の中で怒りや負の感情を抑えているものですが、

その嫌な感情はノートなどに思ったまま書き綴りましょう。最近ではノートではなく、日記アプリもありますので、

そのアプリに思ったことを全部ぶちまけましょう。このアウトプットすることで、怒りの感情や負の感情を吐き出すことができます。

そしてそのアウトプットしたノートや日記はしばらくは読み返すのをやめましょう。あくまでも感情を外側に出したというイメージが大事なのです。

2.2事前に準備をしておく

 

何事にも準備をしておいて、トラブルを予め回避できるようしておきましょう。

例えば、お客様の中で本番強要が激しいお客様にはどういう対応したほうがいいのか?とか、まったく喋らないお客様にはこういう対応をしよう!など、

予めシミュレーションを考えて、その対応策が自分の中でない場合はネットやお店のスタッフ、同業者のキャストに聞くなどの準備をしておきましょう。

準備をしておくことでいざ難題が降りかかってきた時に、シミュレーション通りに対策が出来れば自信にも繋がります。

もし、シミュレーション通りにいかなくとも自分の経験則の観点で勉強になることは間違いありません。一番いけないのはその時だけ対処して流すようになる事なのです。

2.3未来を想像する

 

誰しも将来の不安を抱きながら生活していますが、自己肯定感の高い人は不安を抱えても意味がない事を理解しています。

自己肯定感の高い人は将来に対して不安に思っているのではなく、将来の目標を掲げています。しかしながらぼんやりとした将来の目標ではなく、

「1年後の将来」・「3年後の将来」・「5年後の将来」・「最期の自分」

の目標を決めてそれに向かって好き進んでいるので不安などは抱きません。

大勢の人がひとつの目標を設定しているのに対して自己肯定感の高い人は段階的に目標を掲げています。

少しづつ積みかさねていく目標設定にしているんですね。この目標を紙に書きだしてもいいですし、スマホの待ち受け画面に設定するのもいいでしょう。

2.4尊敬できる人のマネをする

 

もし、自分に困難な壁が目の前に立ちはだかった時に、自分の尊敬している人ならどうするだろう?と考えてみるのもとても大事です。

これはその人ならこうすると考える事で自分での視点で考える事を一旦置いて客観的に考える事が目的なのです。

尊敬できるスタッフさんや同業者のキャストだったらと考えれれば、

尊敬しているのでその人の傾向と対策は自然と学んでいますので、視点を変える事ができます。

2.51日の終わりに喜ぶ

 

最後になりましたが、1日の終わりにその日にあった喜べるポイントを小さくてもいいので、書き留めましょう。喜べるポイントは特になかった場合、

1日に出来た事でも大丈夫です。例えば、仕事をしっかりやり遂げた!でもいいですし、お客様との会話が上手くできた!など

小さい事でも大丈夫です。愚痴を言わないようにできた!などもいいでしょう。

とにかく1日の終わりに自分自身を褒めてあげる事が自己肯定感を養う為の締めくくりなのです。

 

以上2日に渡って自己肯定感を養う為のコラムでしたがいかがでしたでしょうか?

自己肯定感を持てることにより間違いなく人生が生まれ変わる事が出来ますし、風俗という職業は自分で自分を

貶めるように考えがちです。しかしながら、自分自身で傷つける事はないのです。誰にでもできる仕事ではないですし、

何かの理由があってこの仕事をしている人が多い中で、最初にこのお仕事をすると決意したあの日の自分を思い出してください。

誇りをもって仕事をしましょうとまでは言いませんが、この仕事をしている人は私は誇らしいと思っていますし、

素晴らしいと思っています。

一緒に読まれている記事

風俗嬢の香水
香水はNG?風俗嬢としての接客マナー
口唇ヘルペスは早期治療
お客さんに警戒される原因に…口唇ヘルペスは早期治療しよう!
口内発射が苦手な風俗嬢はどうしたら良い?

一緒に読まれている記事

コラム一覧に戻る

お問い合わせ

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
マネトラや風俗に関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。
※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。

step
step

『※』の欄は必須項目です。必ず記入して下さい。

※お名前
※メールアドレス
※電話番号
生年月日
お悩み・質問等
あなたは現在、
18歳以上ですか?
(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

トップへ戻る